降圧薬ってどんな薬?

食事の改善や運動などでは高血圧が解決しなかった場合、薬物療法を始めるしかありません。その時用いられるのが血圧を下げる降圧薬です。合併症のリスクが高い時は、最初から治療に使用することがあります。降圧薬はその作用の仕方によって5種類に分かれます。カルシウム拮抗薬は、末梢血管を拡張して心臓の血管にも作用するので、高血圧だけでなく狭心症の治療にも有効です。動脈の血管にある平滑筋細胞の層が収縮すると血圧が上昇します。収縮はカルシウムイオンが流れ出た時に起こるので、カルシウム拮抗薬でカルシウムイオンの通り道を塞ぎます。ARBは、アンジオテンシンIIの受容体に結合することで、血圧を下げます。アンジオテンシンIIは血管を収縮させて血圧を上げるので、この受容体が無ければ血管が拡張した状態を維持できます。腎障害や糖尿病性腎症にも効果があります。またアンジオテンシンIIの生成を抑制する降圧薬もあります。それはACE阻害薬で、アンジオテンシン変換酵素の作用を阻害します。心不全や糖尿病性腎症にも使える薬です。また血液中の水分が増えれば、血液の量が増えるので血圧が上昇します。血圧を下げるために、尿をたくさん出せば血液中の水分はなくなります。そこで高血圧患者の中には、利尿薬を処方されることがあります。腎臓に作用することでナトリウムを排出させます。ナトリウムは水を引き込む性質があるので、ナトリウムを少なくすると、水分が過剰に溜まるのを防げ、尿の量が増えます。β遮断薬は、B受容体に先に結合することで、心拍数を上げるノルアドレナリンと結合するのを防ぎます。β受容体にもいくつかの種類があり、医師は患者が最も適したものを選択する必要があります。